読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おデブちゃんの魅力アップ大作戦

おデブな梅貞が、かわいくなれるぞ!をスローガンに魅力アップの方法を書いたりしてます。

今日ディズニーのラップンツェルが放映・ラップンツェルの原作は?

その他

ラップンツェルはグリム童話

f:id:umesada:20170310205710j:plain

ということは、大人の怖い系の話が多いので有名なグリム童話ですから・・・

ディズニーのようなキラキラ夢の世界ではない原作なんだろなぁ・・・

と思ってちょっと調べてみました。

ラップンツェル(童話的なもの)

Wikipediaから

あるところに夫婦がいた。

長年子供がなかった2人だが、ある時やっと子供を授かる。

妊娠した妻は隣に住むゴーテルという魔女の庭のラプンツェルを食べたくてたまらなくなる。

f:id:umesada:20170310202243j:plain

食が細ってやつれた妻に「ラプンツェルが食べられなければ死んでしまう」と懇願された夫は、

妻と生まれる子のために魔女の敷地に忍び込むとラプンツェルを摘み取りにかかるが、魔女に見つかってしまう。

しかし夫から事情を聞いた魔女は、好きなだけラプンツェルを摘んでもいいが、子供が生まれたら自分に渡せと言う。

 

やがて妻が生んだ女の子は、即座に魔女に連れて行かれる。

ラプンツェルと名付けられた娘は、森の中に築かれた入り口のない高い塔に閉じ込められる。

魔女はラプンツェルの見事な長い金髪をはしご代わりに、窓から出入りしていた。

そんなある日、森の中を歩いていた王子が美しい歌声に引かれ、塔の中に閉じこめられたラプンツェルを発見。

魔女と同じ方法を使って塔に登る。

はじめて男性との性交渉を知ったラプンツェルは驚くが、やがて愛し合い、魔女に隠れて夜ごと王子を部屋に招き入れて頻繁に性交を行う。

その結果ラプンツェルは妊娠する。

 

その事実を知って激怒した魔女はラプンツェルの髪を切り落とし、荒野へと放逐する。

一方、何も知らずラプンツェルを訪ねてきた王子は待ち受けていた魔女から罵られる中で全ての顛末を知って絶望し、塔から身を投げて失明する。

 

7年後、盲目のまま森をさまよっていた王子は、男女の双子と暮らしているラプンツェルとめぐり会う。うれし泣きするラプンツェルの涙が王子の目に落ち、王子は視力を回復する。王子はラプンツェルと子供たちを伴って国に帰り、皆で幸せに暮らす。

 というのがストーリーのようです。

私が子供の時に絵本でみたのもこんなストーリーだった記憶です。

f:id:umesada:20170218121552j:plain

umesada.hateblo.jp

f:id:umesada:20170218121552j:plain

・・・・大人的ラップンツェル

じつは、グリム童話は結構やばい内容のお話が多い・・・のは有名な話

 

魔女により、幽閉されたラプンツェルは、自らの長い髪で、夜な夜な男を塔に引き揚げます。

朝には、老婆は、ハシゴを使ったり、ラプンツェルの髪にしがみつき、塔の上に上がります。そして、男を殺し、川に流します・・・・。老婆は、子どもの頃から、ラプンツェルに男に対する敵愾心を植え付けてきたのです。

ですが、そんなラプンツェルに変化が生じたのです。

彼女を変えたのは、ひとりの青年です。

老婆に隠れて、何度も会っていたのです。

そして、ラプンツェルは妊娠します・・・・。

 

老婆は、妊娠を知って激怒します。

生まれてはじめて、ラプンツェルは老婆に反抗することになります。

 

青年と駆け落ちしたのです。

森の中で、小さな家を建て、畑を作り、

やがて、赤ちゃんが生まれます。

 

そのまま、幸福な人生を送るはずだったのですが・・・・。

 

その後・・・

青年の態度が変わります。

塔に行った男たちが、多数行方不明になっていると聞いたのです。

当然、ラプンツェルを問い質します・・・・・。

2人の仲は険悪に・・・

ラプンツェルは、夫と子どもを残し、塔に戻ります。

 

ですが、夫はラプンツェルに未練があったのです。

夫は、塔に行きます・・・・。

 

ですが、ラプンツェルの愛は冷めていました。

「殺してもいいのかい」

老婆の誘導に、素直にうなづきます・・・・。

ラプンツェルの日常が戻ります。

怖いですね・・・

いろんなところでこの怖い方の原作が載っていたのでまとめてみます。

 

売られた娘が、塔に幽閉されて売春させてられます。

・・・ってことになるようです。

しかも売春させた魔女は男を殺してしまうのです。

それは、どうやら、魔女が若いころに男に騙されたために男全体をうらんでいたがために行った復習だということ。

ある日、ラップンツェルには好きな人ができその人との間に子を宿して、逃避行。

その後子供も無事生まれたけど、

夫の耳にあの塔に行った男性が多数戻らない(殺された)ときき、

自分の妻を疑って、決めつけてしまうことで悲劇につながります。

ラップンツェルは結局塔に戻り魔女の元へ、

夫はまだラップンツェルの事を想っていたので、塔に向かうのですが・・・

ラプンツェルの愛は冷めてしまったんですね。

「殺してもいいのかい」と老婆に誘導され、素直にうなづきます・・・・。

(ここら辺が怖い・・・リアルです)

ラプンツェルの日常が戻ります。

この線で行くとまた幽閉されて男を夜な夜な塔の上にあげて売春させられてその男性は事が終われば、魔女に殺されるということでしょう・・・

 

後味わる!

グリム童話ってこういうの多いですよね・・・(;´∀`)

 

やっぱりハッピーエンドバージョンの方がいいですね

たまには、怖い話もいいですが、生生しいですぅ(;´・ω・)

f:id:umesada:20170218121552j:plain

うーん

ディズニー見て浄化しよう!!

モアナと伝説の海”もみたーい★★

f:id:umesada:20170310210249j:plain