霊能者・梅わか(梅さだ)の日常とスピ系雑記(改め)

最近仕事柄、霊能者としての活動や想いに傾いてきたので、思い切って梅わか(うめさだ)のスピリチュアル満載雑記になっておりあます(*´Д`)

★宣伝★~スピリチュアル好きですか?~

こんばんは★

じつは、うめさだのスピリチュアルブログを作成しております。

まだ、全然記事数はすくないですが、楽しんで書かせてもらってます(*´ω`*)

f:id:umesada:20170322232946j:plain

f:id:umesada:20170329225308p:plain

うめさだの母は元々占い師さんをしてました。

おばあちゃんは、寺の血筋だったせいか霊が見える人でした。

 母も霊が見える人でした。

そのせいか私も見えたりしました。

こういうのって遺伝なんでしょうか??

 

というわけで小さいころからお家には、占いグッズが沢山ありました。

高校を受ける際も、普通の家はその高校がどんな高校かとかで決めると思うのですが、

私は、うかる範囲の高校の中で

母が方位を見て第一希望を決めるみたいな家でした笑

 

そんな母はまさか自分の娘が霊が見えるとは思っていなかったようですが、

祖母も母もとなれば、血筋かしらね?と今では言っています。

 

そんなわけで、高校生の頃、友達と遊びの延長で学校で占いとかセッションのようなものをするようになりました。

使う道具はタロットカード(肌なじみがよかったので)

休み時間や放課後に先輩・同級生・下級生と何人もの人が、列をなして鑑定を待つような状況になってしまいました。

(口コミで知らない人が押し寄せる状態に(;^_^A)

疲れて途中から、もう占いはしないと言ったのですが…

お金を出す人まで出てしまったので、

タロットをすててしまいました。

これが無ければできないし、やらなくていい!そう思ったのです。

『あのタロットじゃないと占いはできないんです』と言って、ま逃れていた感じでした。

さすがに1日に20人とか学業と一緒に行うのはきつかったです。

 

大人になってからは、占いのことスピリチュアルのことは会社では、内緒にしていました。(嫌いな人もいるしね)

その代わり、副業で喫茶店とか飲み屋とかで占いをしていました。

 

今もそうですが、スピリチュアルを混ぜたセッションを行うと、すごく疲れます。

ほぼ、鑑定内容は憶えてないので、

あとで、こう言われたけど、いい方向に進んだよとか言われても、

まるで覚えてないのです。申し訳ないです(´;ω;`)

でもそれでいいのかなぁ…と今は思います。

鑑定中は半分トランス状態なので、許していただけたらと思います。

 

そんなこんなで小さなころから不思議なことも多かった私…

ちょっと変わり者なのかもしれません笑(;´∀`)ははは

ブログでそんな幼少期や若かりし頃のことなんかも書いていこうと思ってます。

興味ある方は是非、遊びに来てください。

f:id:umesada:20170312003521p:plain