霊能者・梅わか(梅さだ)の日常とスピ系雑記(改め)

最近仕事柄、霊能者としての活動や想いに傾いてきたので、思い切って梅わか(うめさだ)のスピリチュアル満載雑記になっておりあます(*´Д`)

最強にして偉大なヒーラー「ハリー・エドワーズ」

ハリー・エドワーズという方を知ってますか?

歴史上で最も偉大なヒーラーと言われる方です。

f:id:umesada:20170416233145j:plain

お医者様もお手上げの病気を癒した。

素晴らしい能力の持ち主です。

 そしてこの方は、あの、シルバーバーチの話を生で聞いていた、

まさに、シルバーバーチの愛弟子です。

 

生涯をヒーリングに捧げ、報酬は一切請求しなかったと言います。

皆様からの寄付のみで行っていた方です。

これは、シルバーバーチの話にもあるように、

力で利益を得ないということを実践されたのでしょう。

シルバー・バーチの霊訓

「私たち霊界の者は、人のために役立つことをしている人の努力を無駄に終らせたことは一度もありません。必要なものは必ず手に入ります。それは私たちがこれまでに数知れず試されてきていることです。霊的なものも物的なものも、必要なものは必ず手に入れてさしあげます。」

 

youtu.be

私もシルバー・バーチの霊訓を読み、

自分の愚かさを本当に悲しく思いました。

そして、ハリーエドワーズのようにせねばと思いました。

まずは、報酬というものを意識することをやめようと思いました。

シルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音/スピリチュアリズム・ブックス

 

勿論、まだまだ駆け出しの私は、セッションを多く行えば疲れがでます。

それは、繁忙期の会社で残業をして働いてようやくお家のベッドにたどり着いたような

そんな疲れを時には1回のセッションで味わいます。

 

でも、不思議と、30分足らずくらいでパッと元気になるのです。

だから、次のセッションに迎えます。

まさに、体の疲れではなく霊が慣れていない未熟さ故の疲れなのでしょう。

それに、多くの方に元気になってほしいという気持ちも先立ち

セッションをさせていただくことが嬉しくてならないのです。

 

いつも守ってくれてる大いなる存在に感謝をしてもしきれません。

たまにすごいですねと言ってもらうことがあるのですが…

それは、私がすごいのではなく、私はあくまで橋渡しであってすごいのは、

相談者の後ろにおられる守護霊様や、私たちを守ってくださる偉大な存在の方々のお力なのです。

 

ハリーエドワーズのようにはいきませんが、私は、私のお役目を果たせるべく努力していけたらと思います。