霊能者・梅わか(梅さだ)の日常とスピ系雑記(改め)

最近仕事柄、霊能者としての活動や想いに傾いてきたので、思い切って梅わか(うめさだ)のスピリチュアル満載雑記になっておりあます(*´Д`)

霊視能力を鍛える方法・②ブロック(守りを固める)編

前回の続きで、霊能力を鍛えたい、もしくは、

未浄化霊に悩まされることが多いという方に…

 

霊能力とは、何も特別な力では、本来はありません。

というのも、皆、人は、霊の存在だからです。

 

とはいえ、霊感があるものの、未浄化霊に悩まされたり、
霊媒体質なので、よく憑かれます。というお話も聞きます。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

f:id:umesada:20170525225611j:plain

 

まず…

 

大前提は自分の波動を上げること。

そして、
もう1つはブロック(守り)を固めることです。

 

①波動を上げるとは・・・

これは、基本的な考え方を学び、

欲”というものに捕らわれないようにすること。

 

しかし、人は物質界で生きている以上どうしても欲とは切っても切れないなんてこともあると思います。

 

『金銭欲』

これに捕らわれて身を亡ぼす人のいかに多いことか…

お金はまさに物質の代名詞ですよね。

多くのお金を人からいただくことや、

やたらと贅を尽くすことに目がくらんではいけません。

多く持ったら、その分は、どんなに頑張っても恵まれることのできない所に寄付をしたり…

善なることに(他人のために)使いましょう。
自分への利益を優先してはいけません。

捕らわれてしまうと抜けるのが難しいのもこのお金の欲にはよくあることです。

 

『エゴ(自我)』

自分は〇〇してあげたのに…

そんな思いや、

 

 

過剰な自己承認、相手のことは考えず自分のことを優先します。

相手の気持ちを想像したり、考えることができず、

 

『だって普通〇〇じゃない!』

 

・・・という、自分は一般論を言っているのだから、

そこに則った考えをもっていない者がおかしい。

そういった感情もここに入ります。

 

少し前のわたしも経験があるのですが…

『私は、おかしいことは言っていない、一般的に言って間違ってないでしょ』

…と、物事を多数決で解決しようとしていました。

 

これを続けると、人との対立を起こしやすくなるし、

人の意見を素直に取り入れられなくなります。

 

何より、

自分が傷つきやすくなり、幸福のレベルが簡単に下がる人になってしまいます。

自分で自分を認める事が出来ず、他人に認めてもらう、認めてくれる人の人数が指標となり、

そのバランスが少しでも傾けば、すぐ不安の波にのまれるようになるのです。

 

それは、とても不幸なことです。

 

だから、もし、そんな癖が自分にあるなと思い当たるなら、

その考えをシフトしていった方がいいです。

 

私も、実際それですごく楽になりました。

 

また、明らかに、

ただの多数決で根拠ない一般論を言っているか、

 

根拠ある、実績や、経験に基づいたことを提唱しようとしているのか…


ここの境目も判断をつけやすくなります。

 

判断の基準の一部としては、
バカにしない、意見を聞く、良い所を探す、

相手と対等に話をする。

少数意見、多数意見、この差で物事を決めつけない。

 

相手を力で押さえつけたり、怒りのエネルギーを出して押さえつけたり、脅したり、罠をかけたり、試したり、そういったことをしないことです。

とはいえ、これに陥ってる多くの人が自分はしてない。

そんなことするわけもない。

そう思っているのです。

でも、実際周りからはそのようなところが目に付くので、

たまに勇気ある人や優しい人が注意をしてくれます。

しかし、聞く耳を持てず、正当化して終了してしまうのです。

 

だから、わかってほしい…

そうなってからでは、自分のことに気付けないことがあること、

もし、この先、注意をされたら、「ハッと我に返ってほしいのです」

 

 

②ブロック(守り)を固める。

これは、ヒーラーや鑑定士、カウンセラーはやっている人がほとんどと思います。

ちゃんと自分を守護してくれる存在を知り、感謝の心を忘れず、

いつもの感謝と、これからもどうぞお守りくださいと願う事です。
 

f:id:umesada:20170525225649j:plain

また、浄化の作業や(これはいろいろな方法があります)

心をいつもクリーンに保つこと(上記のよな欲やエゴに捕らわれず、

いつでも、他人のために。。。人類のために、そう願うこと)

 

そんなに難しいことではありません。

何より、感謝と、信じる心が試されます。

 

 

 

①はこれから先もずっといろいろなことで試されていきます。

なので、その都度、自分を振り返り、自分をコントロールしていかなくてはなりません。

 

②これも、必要不可欠なこと、霊感とか霊能力に関係なく、

自分の心が強くなるための方法でもあります。

 

この2つのことができてきたら、もう、未浄化霊などに迷わされることも、困らせられるようなこともなくなってきます。

 

反対に日々未浄化霊に困らせられてるという場合は、

自分というものをしっかりと見直し、

自分を守ってくれる存在(霊や天使や神様とか…)にちゃんと感謝して、守ってくださいと、お願いしてみましょう。

 

ここまでが完了してくれば、だいたいの下地は整いました。

あとは、あなたのセンスと感性と、心 これが大事になってきます。

f:id:umesada:20170525225712j:plain

 

☆因みに、霊感霊視霊聴となると少々向き不向きが出てきます
向いていない場合に無理に行うことは得策ではありません。

その場合、自分に合っている分野の能力を伸ばしてくことになるかと思うのですが、その場合にもこの準備編①と②は無駄にはなりません。

 

この向き不向きはあなたが、なぜ霊力を欲するのか

そのことにも由来して変わってくることと思います。

 

では、また、この話は次回…